blog ブログ

令和4年度地価公示の概要について

3月22日に令和4年1月1日時点地価公示が国土交通省より発表されました。
福岡県は地価の伸び率が住宅エリアで全国2位、商業エリアで全国1位という結果になりました。

福岡県の地価が上がっていることで、「福岡の地価公示が気になる」という方から多数お問合せをいただきます。

「地価公示」とは、国土交通省が主体で土地の価格の推移を毎年発表しているもので、不動産鑑定士が鑑定評価を担当しております。
当社の代表も鑑定評価のお手伝いをしました。

「公示価格」とは国土交通省が発表している土地の価格のことです。

では、令和4年度の福岡県における地価公示について詳しくみてみましょう。

福岡県内にある全51市町の中で、標準地とよばれる鑑定評価の対象となる土地933地点ありました。

この933地点のうち693地点で地価が上昇(⤴)92地点で地価が横ばい(→)136地点で地価が下落(⤵)という結果になりました。

全体の平均を前年と比較すると、1.9%3.5%上昇し、令和4年度は更に上昇が大きくなりました。

福岡県内で土地の値段が1番高い地点地価の伸び率が1番高い地点(対前年平均変動率)がどこか気になりますよね。

土地の値段が1番高い地点:住宅地 】
福岡市中央区大濠1-13-26 870,000(円/㎡) +5.5%

土地の値段が1番高い地点:商業地
福岡市中央区天神1丁目96番1外 11,000,000(円/㎡) +0.0%

地価の伸び率が1番高い地点:住宅地
福岡市博多区山王1丁目84番 269,000(円/㎡) +17.0%

地価の伸び率が1番高い地点:商業地
福岡市博多区祇園町4-60 2,100,000(円/㎡) +18.0%

 

福岡県内の住宅地で地価の伸び率上位5はこちら↓


福岡県内の商業地で地価の伸び率上位5はこちら↓

地図を見てみると、住宅地も商業地も「博多駅周辺」に集中しています。
これは、令和4年4月25日に開業される予定の「ららぽーと福岡」周辺七隈線延伸に伴う「櫛田神社前駅」の新博多駅周辺の不動産需要に影響したとみられます。

令和4年度地価公示の詳しい情報については、弊社が発行しているニュースレター「Bamboo node Vol.5」にまとめています。
福岡県内の市区町別の対前年平均変動率表もご確認いただけますので、ニュースレターをご希望の方は、お電話やメールでお問い合わせくださいませ。

‐‐‐‐‐
弊社では全国での不動産鑑定実績がございます。
ご依頼があれば日本全国どこでも鑑定させていただきます。
遠方にお住まいの方は、ZOOM等により打合せや相談は可能でございますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

★お問い合わせ先★
よりそい不動産鑑定株式会社
福岡県福岡市中央区大名2-4-38 チサンマンション天神Ⅲ209号
TEL:092-753-9680
(受付時間 09:00~17:30 ※土日祝休み)
メールアドレス:info@yorisoi.co.jp

〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2丁目4番38号
チサンマンション天神Ⅲ209
電話番号 : 092-753-9680 / FAX番号 : 092-753-9689